FC2ブログ

調律師

前回、女性の体は車みたいです とお話ししました。



似ている点は色々ありますが
車の調整をするチューナーという人がいます、
(車の整備を主な仕事にしているのはメカニック)

チューナーは更に微妙な調整をしてポテンシャルを引き出す人。




技術系性感師はチューナーに似ていると思います。

チューナー性感師は、女性が経験した事のない世界にお連れするのは得意であるけれど、
初めての未知の感覚に助手席の女性が怖くなってしまう事が多々あります。


そこが、昨年の私の壁でした。。。

因みに、最初の壁は『尿意』
ここが越えられない性感師は多いです。

加藤鷹さんに尿意の克服方法を聞いたら

『尿意を越える快感を与えればいいんだよ』
とあっさり。
いやいや、それは鷹さんだから出来る話で。。。

結局、自力で尿意が出ない施術を編み出しました。(^^)


未知の快感への怖さの克服は以外と簡単でした。
二度三度ドライブをしていくと、女性がスピードに慣れて怖く無くなる様です。

また、一度未経験の快感を体験すると、その女性の体は
一般運転手でも楽に以前の快感を越える事が感想からわかりました。





車だとイメージし難いかもしれないので
例えを変えてみると


性感師はピアノの調律師的な存在な気もします。
(例えが間違ってたらご指摘下さい。)



女性の膣は子供を産むための場所。

そのため、産道の膣は感じ難く出来おり、その代わりに感覚器官のクリトリスが存在しています。

脳は体に感じた刺激を全ては認識していません。
シャットダウンして感じ無いようにしています。

全てを脳が感じていたら脳は大変な事になります。
ですので、膣の感覚が無いのはおかしいことでは無いと思うんです。

脳の中で調整される刺激 



でも、パートナーと楽しい時間を過ごすには その機能が阻害要因にもなっています。。。

私が行っている膣内感覚施術は

膣内マッサージにて、それを調律して、快感の感覚が脳へ伝わる様にします。

膣の中をマッサージして感覚をつけるのは
技術系性感師の得意とするところです。




ですが、これには回数が必要になります。



性交痛は一度の施術で改善する人は少なく無いですが
感覚をつける施術には、回数を要します。

特に初回は、緊張があり普段よりも感じ難くい状態になっています。

ですが
1回の施術だけで、終わりになられる方も少なくなく、更に自分の心の傷を深めてしまっているのでは?と心配もしています。


クリトリスは感じるのだけどという方は、1回の施術で感覚がつく人が多いですが、下半身又は全身が感じにくいという方は少し時間がかかると思います。

又、精神的要因も関係してきます。


性感調律師 真幸 
全国出張施術でお会いできたらいいなあ。



施術のお知らせ


》真幸《

3月は全て埋まってしまいました、ごめんなさい。

3月28日29日の大阪出張施術
(ご予約は全て埋まっております)

4月1日土 19時~   都内 神奈川県内 
4月4日火 19時30分~ 横浜 渋谷
4月6日木 19時20分~ 都内 神奈川県内
4月18日火 19時20分~ 都内 神奈川県内
4月25日火 19時20分~ 都内 神奈川県内


リピーターさんは一ヶ月空けてのお申込みでお願い致します



性交痛・感じ難いお悩みの方は、日程等個別にてご相談下さい。

Comment

  • 2017/04/12 (Wed) 11:13
    # -
    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/04/13 (Thu) 14:56
    masaki #- - URL
    Yさんへ

    コメントありがとう(*^_^*)
    お元気ですか?

    似ていると思うんです

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する