FC2ブログ

皇族の性活の伝統的仕来り

皇室には様々な『仕来り』があります。

今回は皇室の性生活をご紹介

納采の儀


納采の儀 (のうさいのぎ)とは皇室の儀式のひとつ。皇族が結婚するにあたって行われるもので、結納の起源となった。

納采の儀の歴史は古く仁徳天皇の時代まで遡る。仁徳天皇が皇后を迎える際に贈物をされたのがその起源と言われる。

一般に「結納に相当する」といわれるが、「納采の儀」が「結納」として広まったといえる。


Wikipediaより

結婚の儀


結婚の儀(けっこんのぎ)
男女で宮中三殿の賢所に拝礼する。一般における「結婚式」

賢所とは?

女性は 十二単を身に纏い



男性は 束帯を身に纏う



これら「賢所大前の儀」や、
親と子の杯を交わす「朝見の儀」等、
一連の結婚の儀をとどこおりなく終えると初夜を迎えるための準備「入浴潔斎の儀」を行う。


巫女の存在


『巫女』
皇室には巫女と呼ばれる女官が存在し、それぞれ重要な役割を果たしています。皇族のさまざまなお世話の場で活躍し、その場は多岐にわたります。

巫女は、皇室のセックスの場においても重要な役割を果たします。




みそぎ(男性の筆おろし)

皇族代々の風習で、皇族の直系男子は年頃(15歳から18歳)になるとみそぎを済ませる。

みそぎの段取りを教え込まれた巫女がお相手を務める

巫女は性技に長けた処女とされていますが実際は経験豊富な熟女の女官になる。


入浴潔斎の儀



花嫁はお風呂に入って身を清めるのですが、その時花嫁は巫女とと一緒に入浴する。
[正式には神社の娘(処女)だが、実際は皇族に仕える中高年の女性が大半]


浴室に入ると花嫁は、仁王立ちのまま一切自分の体に手を触れてはならず、巫女が服を脱がせ、体の隅々まで洗う。

隅々というからには外側から触れることのできる内部(耳・口・鼻からアソコ・肛門など)にも手指を入れて清める。

これは暗に花嫁の生殖機能を確かめる意味合いも併せ持つと言われている。

皇室のセックスの知識って


初夜装束




初夜装束
初夜装束とは、入浴潔斎の儀をすませた花嫁花婿が、初夜のために着る白い着物のことです。
この着物にはその下には一切何も下着をつけないと言われています。

初夜の床入り



「三箇夜餅の儀」とも呼ぶ。



花嫁の歳の数だけの白餅を用意し、四枚の銀盤に乗せる。これを子宝に恵まれた老夫婦が初夜の寝床に運んで供える。

新婚夫婦はこの餅をひとつずつ食べてから行為に及ぶ。
元々は3日間繰り返すものであったが、
近代は初夜のみとされる。
セックスで子宝に恵まれるよう霊力を与える儀式。

露見



介添人が、初夜の床入りの際、花嫁花婿のセックスの場に立ち会い、一部始終を見届けます。

この際、寝所の扉を開け壁代と呼ばれる衝立を外し、
寝具の上に並んで寝ている夫婦のシーツに処女の証である血がついているところを確認する役目も果たします。

皇室性行為の特徴7つ


現在は何処まで、仕来りが受け継がれているかはベールに包まれいます。

皇室の性生活、興味津々な真幸であった。(@@)

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する