FC2ブログ
Read more

性感師 前田さん

憧れの施術師の性感施術室の前田さんとお会い出来る日が等々きてしまいました。女性向け性感師のトップリーダー的な存在の方。真幸として性感師をしているのは、前田さんのサイトで無料配布していた、性感師になるためのマニュアルのおかげです。あのマニュアルが無かったら性感師として存在してなかったです。私にとっては芸能人と同じくらいの存在の人そんな、前田さんとマンツーマンで濃密な時間を過ごしました。(^o^)前田さん...

Read more

満月のPOWER

潮の満ち引きが月と連動しているように、70%以上が水で出来ている人間の体も、月のパワーに大きく影響を受けています。月と生理の周期は同じ28日月の満ち欠けのサイクルは28日。女性の生理のサイクルと同じなんですよね。満月の日は女性の性欲が強くなる傾向にあります。満月の日に得られるパワーは、達成のエネルギーです。また潮が満ちる時、満月には、引っ張る力も働いてていて満月の日に生理が始まったり、出血が止まりにく...

Read more

風俗の繁忙期・閑散期

男性風俗の世界では一番の繁忙期は、年末年始と言われています。それはボーナスが支給された後なのと、忘年会シーズンで、飲んだ後に風俗に行かれる方が増えるからだそうです。同様に夏のボーナスの後も、賑わうそうです。女性向け風俗の閑散期・繁忙期女性向けの風俗をリサーチしてみると男性風俗とは異なる事がわかりました。男性の繁忙期の年末年始は、閑散期になります。それは、年末はクリスマスや年越しなど主婦は大忙しの時...

Read more

原点回帰

先日、真幸活動の前にプライベートで性感マッサージをしていた女性に久しぶりにお会いしました。あの頃は、知識はほとんど無くただひたすらに反応が変わる場所を探しながら性感マッサージをしていました。あの頃とは、知識も経験値も格段に増えた自分を彼女に体感してもらいたいと思い施術をしました。そして、彼女の反応は・・・『一生懸命に私の気持ちいい場所を探してくれてた、私だけのマッサージ』私は昔の方が好きです。と・...

Read more

AV男優 加藤鷹さん

今、読んでる本はAV男優の加藤鷹さんの本。『加藤鷹』日本一の知名度を誇るAV男優であり、AV業界で初めて「潮吹き」というジャンルを確立した人物でもある秋田県時代に性交渉を持った女性は500人。AVで絡んだ女優は推定8,500人。出演本数は1万5000本以上である それまではメディアの脚光を浴びることが無かったAV男優を、メジャーな存在に押し上げた功労者である。本の中で終始言われているのは、女性は心で感じるものですという事...

Read more

副乳

人は元々9対の乳房が存在し、それが進化の過程で2つになったそうです。(9対は諸説あり)まれに、その痕跡が残っている事もあります、『副乳』と呼ばれています副乳は一言でいうならば、退化しきれなかった乳房の名残のことです。確率的には女性の5%の方に副乳が存在します。(脇と乳首の間に出来ている人が多い様です)人間は哺乳類の一種ですが、人間以外の哺乳類を見てみると、乳房の数が複数あるものも多くなっています。ウシ...

Read more

女性の射精

男性と同じく女性も射精をします。俗に言われる『潮吹き』です。どの様な時に射精をするかと言うと。●性的に興奮している時●オーガズムに達している時(AVの様に、無理やり潮を吹かせるのは今回は別扱いに)その液体はどこから出てくるの?男性の前立腺に相同するもので、尿道の周りにある『スキーン線』から女性の射精液が出てきます。その液体はなに?匂いはほとんど無く無臭味は甘い(味はその時によって変わるそうです。)『主成分...

Read more

ハプニングバーという非現実世界

先日、急遽時間が空いたので久しぶりにハプニングバーにお酒を飲みに行ってきました。真幸活動してからは、行く必要が無くなったので足が遠退いてました。以前はスキルUPのために、バーにおられる女性を口説いて性感をさせてもらっていましたが、今は、お酒を飲みながら男女の人間観察をしていま~す。この時は、ハプバー、初めてのカップルさんと初めての単独女性さんがこられ 女性のお二人が意気投合されて コスプレ を楽しま...

Read more

赤い糸遺伝子

男女の出会いを「運命の赤い糸で結ばれている」とよく言います。 男女が異性を選ぶ「直感」の背後には、赤い糸ではなく、フェロモンが働いているそうです。 これこそがHLA遺伝子(組織適合性複合体)とも言われ、好みの男性の匂い(フェロモン)を女性は体臭によって感じるのです。 これらから「赤い糸遺伝子と呼ばれています」。 HLA遺伝子情報が男女間で似ていると免疫情報が少ないため、生まれた子供の免疫力が...

Read more

『恥ずかしさ』と快感

日本人のセックス観は、 「恥ずかしさ」 が根底にあります。タブーに触れる人に見られる、タブーに触れるという羞恥心が膨らむほど快感が高まるメカニズム、恥ずかしいのに感じてしまう、いや、恥ずかしいからこそ感じてしまうのはなぜなのか?「羞恥心を抱くと、同時に自分が無防備だと感じることがあります。自分が無防備で、襲われれば危ない状態の時に恐怖や危機感を感じます。 生理学的には『活性化兆候』が起こり、アドレ...